Information

コーヒーの選び方

ここではコーヒーを選ぶ前に知っておきたい基本的なことを説明しています。
「好みが分からない」「どれを買っていいか分からない」という方はまずこちらをご覧ください。

コーヒーの焙煎度合い(ロースト)

コーヒーの味は産地や品種にも左右されますが、一番違いが感じやすいのがロースト(焙煎度合い)です。
同じ豆でも浅く煎るか、深く煎るかで大きく味わいが変わります。
基本的にはローストが浅い程「酸味>苦み」でコクが少なく(さっぱりめ)、深くなる程「苦み>酸味」で
しっかりとしたコクが出ます(濃厚)。
まずはさっぱりめ、濃厚、中間の中から選びだすのが、好みの味わいを知る近道です。
一般にはライトロースト~イタリアンローストの8段階で分類されますが、当店では分かりやすく
「中煎り」「中深煎り」「深煎り」の3段階で表記しています。
ロースト特 徴当店の表記
ライト青臭い香り。
飲用には適さない。
販売していません
シナモンシナモン色まで煎ったもの。
かすかにコーヒーの香りが出てくる。
ミディアム酸味中心の味わい。
コクはあまりなくさっぱりとした味わい。
中煎り
(あっさりめ)
ハイやさしい酸にコクが増してくる。
苦みは少なめ。
シティ酸味とコクのバランスがとれた味わい。
苦みも少し出てくる。最もポピュラーなロースト。
中深煎り
(中間の味わい)
フルシティやわらかな苦みとコクが増してくる。
酸味はかすかに感じる程度。
フレンチしっかりとしたコクと苦み、甘みが出てくる。
酸味はほとんど感じられなくなる。
深煎り
(濃厚な味わい)
イタリアン最も深いロースト。
強い苦みと、焙煎によるスモーク臭が感じられることもある。

*まったく好みが分からない場合はとりあえず中深煎りを。

 →もっと濃いめがお好みなら次回は深煎り、あっさりめがお好みなら中煎りを。

*カフェオレやアイスコーヒーに使うのであれば濃厚な味の深煎りのコーヒーがおすすめです。

ブレンドコーヒーとストレートコーヒー

喫茶店のメニューにも「ブレンドコーヒー」「ストレートコーヒー」と書いてあるのを目にします。
よくわからないからといってついブレンド、と注文する方も多いと思います。
ストレートコーヒーとは「ブラジル ○○農園」といった単一の産地の豆を指します。
ブレンドコーヒーとはそういったストレートコーヒーを何種類かブレンドしたものです。
特徴としては以下の点があげられます。
ストレート 産地毎の個性が現れやすい。
収穫年度や品種、精製方法によっても香味の違いがある。
ブレンド 複数の豆をブレンドすることによる安定した味わい。
個性の異なる豆をブレンドすることによる新しい味わいを創造できる。

なんとなくストレート=高級、ブレンド=廉価版といったイメージがありますが
当店ではブレンドコーヒーもすべてスペシャルティグレードのストレートコーヒーから作っています。

about

店主

コーヒーは水とコーヒー豆だけで作るシンプルな飲み物。それだけに素材の品質が大切と考えています。選りすぐりのスペシャルティコーヒーを、毎日焙煎してお届けしています。
店長日記はこちら >>

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 臨時休業

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

実店舗のご案内

468-0062
愛知県名古屋市天白区
弥生が岡209
Tel 052-832-2027

営業時間: 10:00~19:00
定休日: 月曜日

→地図
→TaoCoffee実店舗サイト

ページトップへ